鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

平成29年度 体験イベント盛りだくさんの健康祭を開催!

今年もやってきました鎌ケ谷総合病院 健康祭!

f:id:kamagayageneralhospital:20171006111038j:plain

毎年秋口に開催している鎌ケ谷総合病院の医療イベント『健康祭』ですが、今年は10月15日(日)に開催する事が決定しました!あと10日を切ってるのに今更告知!?

えぇ今更ですが内容が大幅にパワーアップしたので許して下さい・・・そして是非遊びにいらして下さい!

 

そもそも健康祭って何?

鎌ケ谷総合病院では多くの方に健康維持管理や病気の早期発見、医療に関する知識と意識をもって頂く事を目的に公開医療講座や企業・団体とタイアップした医療イベントを多く開催しています。健康祭もその一つで、当院が主催するものの中では最大規模の医療イベントなのです。

当日は病院の全職員が趣向を凝らしたブースを出展します。そこではご参加頂いた方々に「患者」として病院を利用しているだけでは決して触れる事ができない情報や体験を提供しますので、是非ご参加下さい。また、美味しい屋台や新鮮野菜の販売などもありますので、食欲の秋を満喫する事も可能となっております!

f:id:kamagayageneralhospital:20171006120301j:plain

 

今年の体験イベントは?

今年の健康祭では、これまでよりも多くの体験型イベント、特にここでしか味わえないような珍しいものをご用意しております。代表的なものを幾つかご紹介します。

【体脂肪&骨密度測定】

看護の日やファイターズでのイベントではおなじみですが、健康祭では初となる骨密度測定体験。実際の診断で使用する骨密度測定機は放射線診断科が扱う大がかりなものなのですが、今回はあくまで検査体験という事で、踵に超音波を当てて簡易的に骨密度を調べる装置を使用します。

また、「ここは何をやってるの?えっ体脂肪!?絶対イヤ!」というやり取りから始まる毎年大不評の体脂肪測定も併せて行いますので、厳しい現実と正面から向き合って健康管理の参考にして頂ければ幸いです。

 

【救命体験】

もし倒れている人を見つけたら・・・もし大切な人が倒れてしまったら・・・非日常はいつも私たちのすぐ側に。救急病院である当院の最前線で奮闘しインストラクターとして職員への指導も行っている職員が講師となり、最新の一時救命(BLS)を皆さんと一緒に学びます。小さいお子さんからベテランまでどなたでもご参加頂けます!

f:id:kamagayageneralhospital:20171006123845j:plain

 

【調剤体験】

当院初となる『調剤体験』。調剤がどの様に行われているのかを体験できる非常に珍しい試みです(もしかしたら全国的にも稀有な体験イベントかもしれません)。薬剤師でない限り調剤をする事などまず無いと思いますので、この機会に薬局のカウンターの内側で何が行われているのかを体験しましょう!

f:id:kamagayageneralhospital:20171006125059j:plain

 

【物忘れ相談プログラム体験】

医療の進歩というと、医療ロボットや遺伝子治療再生医療に目が行きがちですが、日々の診療において使用している検査機器なども患者さまの身体的・精神的負担が軽減できるよう日々進歩してるのです。そんな検査機器の一つにアルツハイマー認知症を発見するための『物忘れ相談プログラム』というものがあります。検査科のブースではこの物忘れ相談プログラムを体験して頂けます。

f:id:kamagayageneralhospital:20171006144059j:plain

 

【医療機器展示&操作体験】

医療機器展示&操作体験は今年も開催!こちらも専門職でないと触れる機会がまず無いであろう医療機器の操作も可能です。

f:id:kamagayageneralhospital:20171006145904p:plain

 

 

【ちょっとだけピーポー!救急車搭乗体験】

救急車に乗るだけでなくちょっとだけピーポーもできる!毎回お子さんに大人気の救急車搭乗体験は今回も開催。乗って良しピーポーして良し記念写真撮影も良しの救急車満喫体験となっています!f:id:kamagayageneralhospital:20171006154234j:plain

他にも色んな医療体験をご用意しておりますのでお楽しみに!

 

今年の特別講演は?

健康際では体験イベントだけでなく、特別講演として様々な医療情報の発信も行っています。今年は『緩和医療』と『血圧』の2演題で公開講演を行います。

f:id:kamagayageneralhospital:20171007084522j:plain

特別講演①緩和医療

皆さんは緩和医療をご存じでしょうか?かつては終末期医療の一つでしたが、医療の進歩とともにその在り方を替え、現在ではがん治療と同時に行う医療になりました。特別講演①では当院の緩和ケア病棟の責任者で同部門の部長を務める山口部長が講師となり、緩和医療とがんについての講演を開催します。緩和医療に関する講演はなかなか貴重ですので、この機会に是非ご参加頂き、がん治療や緩和医療について理解を深めて頂ければ幸いです。

演題】生きる『生命』を支える緩和医療~緩和の在り方とがんを知る~(仮題)

【時間】10:30~11:30

【講師】山口法隆 緩和ケア部長

     医学博士/日本内科学会認定医/日本内科学会総合内科専門医

     緩和ケアの基本教育に関する指導者研修会修了

【会場】鎌ケ谷総合病院 1階ロビー特設会場

 

特別講演②血圧

健康管理の第一歩でもある血圧の管理。本講座では人間ドックや各種検診、保健指導を扱っている当院の保健師が講師となり、以外と知らない血圧についての講演を行います。血圧の話しなんて耳タコだよ・・・という方もおられるかもしれませんが、この機会に

【演題】血圧と健康を改めて見直そう!~知っているようで知らない血圧のアレコレ~

【時間】13:30~14:30

【講師】安藤・桜井 鎌ケ谷総合病院 健康管理センター保健師

【会場】鎌ケ谷総合病院 1階ロビー特設会場

 

これ以外にも、食欲の秋を満喫できる屋台村もありますのでお楽しみに!

 

f:id:kamagayageneralhospital:20171007090825j:plain

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

皆様に支えられて10周年!~鎌ケ谷総合病院のこれまでとこれから・その1~

9月1日は鎌ケ谷総合病院の誕生日。そして、鎌ヶ谷総合病院の開院は平成19年・・・そう、平成29年9月1日をもって10周年を迎えました!

f:id:kamagayageneralhospital:20170902163120j:plain

鎌ケ谷総合病院が歩んだ10年間は決して平坦なものではありませんでしたが、地域の皆様をはじめ、多くの方々のご理解、ご助力により数々の困難を乗り越えて現在に至る事が出来ました。この場をお借りして深く御礼申し上げます。

 

さて、10年ひと昔と言うように、この10年で病院や周辺の様子も大分変りました。そこで今回から数回に分けて、鎌ケ谷総合病院の「これまで」と「これから」を紹介させて頂こうと思います。ノスタルジーを感じるものだけでなく、新たな発見もあると思いますので是非お付き合い下さい。

 

第一回目は建設工事中~平成19年9月1日の開院当日の模様をお伝えします。

【1.建設中の様子】

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144801j:plain

着工は平成18年3月、こちらの写真は建築が進んだ頃のものです。この頃は病院周辺にマンション等の建物もなければ、病院に通じる道も車がギリギリすれ違える程度の細い道路しかありませんでした。因みに鎌ケ谷総合病院は元々梨畑で、現在病院の看板が立っているあたり(写真中央付近)には木造の販売所が建っていました。

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144759j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144757j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144750j:plain

 

【2.鎌ケ谷総合病院完成直後】

f:id:kamagayageneralhospital:20170902160008j:plain

完成直後の鎌ケ谷総合病院全景と各フロア。備品の設置が済んでいない事もあり、現在よりも広々とした印象を受けます。地元の方々や関係者を招いての開院祝賀会や内覧会を開催していたので、この頃の病院を訪れた方も多いのではないでしょうか。f:id:kamagayageneralhospital:20170902161435j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170902161805j:plain

 

【3.開院直前~第一回入職式】

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144743j:plain

平成19年8月21日に行われた第一回鎌ケ谷総合病院入職式。

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144747j:plain

全職員で病院の理念を唱和。来る開院に備えて病院の在り方、使命、理念を胸に刻みました。

 

【4.開院当日】

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144751j:plain

開院一日目の外来患者数は219名入院患者数は16名

近くには歴史のある総合病院が活躍されており、尚且つ当院10km圏内には大学病院をはじめ大きな医療機関が点在しているにも拘わらず、これだけの患者さまが来院されるとは!と、全職員が驚き、走りまわり、そして鎌ケ谷総合病院の使命を改めて実感する事になった一日でした。

余談ですが、この日、患者さまやご家族さまから頂いたコメントで最も多かったものはというと・・・

「大きな病院だからどこからでも見えるし目立つんだけど、どうやっても辿り着けなくて困ったよ」

そう、この頃は病院周辺に高い建物は一切無かったので、どこからでも当院は丸見えでした。しかし、現在のように鎌ケ谷市の大動脈である千葉県道8号 船橋我孫子線と病院を繋ぐ道路は無く、大きな道路は新鎌ケ谷駅前の商業施設と市役所止まり。病院に辿り着くには、新鎌ケ谷駅の裏手から入道溜交差点に抜ける細い道から更に脇道に入って、鉄道会社の建築資材を横目に薄暗い北総線のガード下を潜る、もしくは県道8号から初富本町の住宅地を抜けるこれまた細い生活道路を抜けないと病院まで辿り着く事ができなかったのです。

f:id:kamagayageneralhospital:20170902144755j:plain

写真の撮影時間は開院当日の午前8時9分、この10分後に撮影した写真には総合外来受付での手続きを待つ行列が。開院1日目、この日は鎌ケ谷総合病院の待ち時間対策が始まった日でもある・・・というのは本当の話しです。

 

さて、今回はここで一旦終了とさせて頂きます。次回もお楽しみに!

 

 

広告を非表示にする