鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

医療機関の上手な使い方その2~セカンドオピニオンと紹介受診の違い~

f:id:kamagayageneralhospital:20170209165729p:plain

セカンドオピニオン』という言葉が普及してどのくらいの時間が経ったでしょうか。当院を受診される患者さまやご家族さまからも、セカンドオピニオンに関するご相談を頂く機会も増えてきました。

ただ、セカンドオピニオンに関する相談の中で多いのは「紹介受診の事をセカンドオピニオンだと思っていた」「セカンドオピニオンが高額になるとは思っていなかった」というものです・・・そこで、今回はセカンドオピニオンと紹介受診の違いとセカンドオピニオンを受ける方法を簡単に解説しますので、今後の病気治療の参考にして頂ければ幸いです。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170209165742p:plain

冒頭で患者さまやご家族から頂いた相談の中に「他院への紹介受診の事をセカンドオピニオンだと思っていた」という相談の一例をあげましたが、同じような認識の方は意外と多いようです。

確かに、治療中の医療機関から離れて別の医療機関を訪れる~というところまでは同じなのですが、それ以外の性質は紹介での受診とは大きく異なります。まずは「セカンドオピニオン」と「紹介での受診(検査含む)」の違いをみてみましょう。

 

セカンドオピニオンとは何か~

医学書院 医学大辞典第2版によると、次のように解説されています。

セカンドオピニオン[英]second opinion 患者が、現在かかっている医療機関から提供されている医療行為(治療法のみならず、主治医の診断も含まれる)に疑問を感じ、納得のために別の第2の医療機関を受診して求める意見。

つまり、主治医以外の医師に助言を求めること(相談をすること)セカンドオピニオンというわけですね。実際のセカンドオピニオンもその通りで、あくまで相談という立ち位置になるため検査や治療は行いません。

患者さまは現在受診中の医療機関で受けている治療の相談を「立場が異なる医師(セカンドオピニオン担当医)」に出来る為、治療の比較ができること、より適している治療を患者さまご自身が選択する切っ掛けになり得ること、そして患者さまが病気や病気治療への理解を深められるといったメリットがあります。

 

 ~紹介での受診とは~ 

セカンドオピニオンは『相談』。

では『紹介での受診』はどうでしょう?

診察の結果、他の医療機関でより専門的な治療・検査が必要だと判断した場合や、手術や入院加療がひと段落し、後はかかりつけ医で日々のチェックをして頂く場合、引っ越しなどの事情で他の医療機関に転院する場合は、これまでの治療経過等を記した診療情報提供書(紹介状)を発行して別の医療機関患者さまの治療を引き継ぐことになります。これが所謂「紹介」です。 

 

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170209165809p:plain

ここで気を付けたいのは、セカンドオピニオンはあくまで「相談」であって「治療を引き継ぐ」わけでは無いという事です。セカンドオピニオンは「相談であり、別の医師の意見を聞くこと」で「治療を引き継いだ(治療を行う)」わけではありませんから、セカンドオピニオン後は元の医療機関に戻って治療を継続する事が前提となります。

したがってセカンドオピニオンを受けている最中に新たな検査や治療を行う事はありませんし、セカンドオピニオンを受けている中でその医療機関への転院を希望したとしても『書類や検査結果が揃っているからこのまま転院しましょう』という事にはなりません。セカンドオピニオンを受けた医療機関に転院を希望される場合は、改めて元の医療機関を受診して診療情報提供書や付随する検査結果等の発行手続き発行し、そのうえで転院先の手順に則って手続きをする必要があります。 

また、セカンドオピニオンはあくまで相談であるため基本的に健康保険は適用外となり、窓口負担金が通常よりも高額になる場合が殆どです。料金や時間設定は医療機関によって異なるため事前によく確認しましょう!

 

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170209165828p:plain

~何を聞きたいのか、目的を整理する~

セカンドオピニオンを利用する際は、まずはご自身が「何を知りたいのか」をしっかりと整理しましょう。あれもこれも~だと、あっという間に時間だけが過ぎてしまい、本当に知りたかった事が全く聞けないままセカンドオピニオン終了・・・と、なりかねません。

 

セカンドオピニオンを行っている医療機関を探す・手続きを行う~

次に『ご自身がセカンドオピニオンを希望する医療機関セカンドオピニオンの受入れを行っているのか』を調べましょう。

「えっ?」と思った方もおられるかもしれませんが、全ての医療機関セカンドオピニオンの受入れを行っているわけではないのです。セカンドオピニオンの受入れを行っていたとしても『特定の診療科』『特定の疾患』にのみ対応している場合もありますので、事前にしっかりと確認する事が大切です。その際は併せて費用の設定や申込方法も確認しましょう。

特に手続き方法に関しては、医療機関によって「患者さまご自身が申込み手続きを行う場合」と「医療機関同士での手続きが必要な場合」とがあるので注意が必要です。

 

セカンドオピニオン当日~

 何れかの方法でお手続きが完了したら、予約日にセカンドオピニオンを受ける医療機関を訪れましょう。その際は治療中の医療機関で発行された紹介状や検査結果などの書類を忘れずに持参して下さい。後は、聞きたい事を忘れてしまわないように要点をまとめたノート等もあると良いかもしれません。

 

セカンドオピニオン後~

セカンドオピニオン後は元のかかりつけ医療機関に戻って治療を継続して頂きます。

繰り返しになりますが、セカンドオピニオンは治療を引き継ぐ事を目的とした受診ではなく、あくまで『相談』であるため、治療はあくまで現在治療中の医療機関で継続する事になります。

セカンドオピニオンを受けた結果、その医療機関への転院を希望される場合は、それぞれの医療機関が定める方法で転院のお手続きを行う事になります。

 

 

長くなりましたが、こんなところでしょうか。 

医療に関わる事柄は小難しいことや面倒なものばかり・・・と思わずに、上手に使って病気治療を行いましょう!

 

 

 

鎌ケ谷総合病院

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

 

広告を非表示にする

椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症低を少ない切開で~低侵襲脊椎脊髄手術~

※現在、こちらで紹介している治療は担当医療養中のため一時的に停止しております。正式に治療再開となった場合は本ブログ及び公式サイト等でお知らせします。詳細は下記の鎌ケ谷総合病院公式サイト内脳神経外科ページをご覧下さい。

www.kamagaya-hp.jp

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170130105258p:plain

手術の話題になると『傷が小さい』『出血が少ない』『術後の痛みが少ない』というキーワードと供に、『低侵襲手術』という言葉をよく聞くようになりました。侵襲とは手術などの処置に伴う傷の事をいいますから、『低侵襲手術』をざっくりと表現するならば手術に伴う傷が小さい手術という事になります。

今回はそんな低侵襲手術の一つで、鎌ケ谷総合病院の脊椎外科(痛み・しびれ・疼痛外来)でも椎間板ヘルニア脊柱管狭窄症などの脊椎や脊髄の疾患治療で用いている『低侵襲脊椎脊髄手術』を紹介します。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170130105316p:plain

椎間板ヘルニアや、脊柱管狭窄症に代表される首から腰までの背骨(脊椎)と背骨に守られている神経組織『脊髄』に生じる疾患を、侵襲の少ない手術で治療することを『低侵襲脊椎脊髄手術』といいます。

低侵襲脊椎脊髄手術には、従来の手術よりも術後の創部痛が少なく、術後回復も早いため、早期の退院や社会復帰が期待できます。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170130105410p:plain

比較的症例の多い低侵襲脊椎脊髄手術を用いた腰椎椎間板ヘルニアの手術例です。

※使用している写真は鎌ケ谷総合病院の職員が手術を受けた際に撮影したもので、本人の許可を得て公開しています。

この手術は全身麻酔下で行いますので、まずは手術用のベッドに寝て頂いて麻酔をかけます。次に手術を行う場所の皮膚を3センチ程度切開し、そこから深部まで切開します。その際は筋肉を避けて切らないように切開するため、手術に伴う身体的負担を抑える事ができます。f:id:kamagayageneralhospital:20170130102437j:plain

切開した部分から円筒形の特殊な金属製レトラクタを挿入します。手術はこの筒の内側で行います。

f:id:kamagayageneralhospital:20170130102531j:plain

必用最小限の術野で痛みや痺れの原因となる余分な軟部組織や突出した骨を除去します。手術に伴う出血が少量で済むため基本的に輸血は不要で、手術時間は1時間半から2時間半程度になります。

f:id:kamagayageneralhospital:20170130102559j:plain

悪さをしている軟部組織や、突出した骨を除去し終わったら傷を縫って手術終了となります。

f:id:kamagayageneralhospital:20170130102620j:plain

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170130110422p:plain

手術後は状態が落ち着くまでは入院となりますが、患者さんの状態によっては翌日からの歩行と退院も可能です。また、ある程度の制限が付きますが、手術後1週間程度で職場に復帰する方もいらっしゃいます。また、退院後の半年間は10キロ以上の重さの物を持たない様にお願いしています。

低侵襲脊椎脊髄手術のメリット・デメリットについてですが、基本的に手術に伴う合併症やその内容、発生頻度は従来の標準的な治療法と同等で、この手術によって新たなリスクが増えるという事はありません。低侵襲手術の場合は手術に伴う傷が小さくて済むため、痛み止め等の薬剤の使用量や使用頻度が少なくて済むといったメリットがあります。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170130112012p:plain

低侵襲手術の手術適応は外来にて十分に問診および診察した上で慎重に決定しています。この手術が適応となる代表的な疾患は次の通りです。

病変の範囲、大きさなどによっては低侵襲脊椎脊髄手術が適さない場合もありますので、腰痛、手足のしびれ・痛み、肩こり等でお困りの方、この手術方法にご興味のある方は、現在おかかりの医療機関や当院で相談されては如何でしょうか?

 

外来日に関してはこちらでご確認下さい。

週間 外来担当表|千葉県鎌ヶ谷市総合病院|鎌ケ谷総合病院

 

 

 

 

鎌ケ谷総合病院 脳神経外科 脊椎脊髄治療部門

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする