鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

足の血管がボコボコ、色も変わってきた…下肢静脈瘤の治療

今回は、鎌ケ谷総合病院の向後(こうご)外科部長が行っている下肢静脈瘤の治療のうち『ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術』についてをご紹介します。

↓向後外科部長の紹介などはこちらに掲載しています。

kamagayageneralhospital.hatenablog.com

ーーーーーーーーー

【脚にコブのようなものが…下肢静脈瘤とは?】

下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)は足の静脈に備わる血液の逆流を防ぐための『弁』が不調をきたすことで、本来は心臓に戻るはずの血液が足の静脈内に溜まってしまい、静脈が膨張してコブのようになる病気です。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314130320j:plain

下肢静脈瘤には『伏在型』『側枝型』『網目状』『くもの巣状』の4種類があり、いずれも急激に悪化することや、生命に危険が及ぶ事はありませんが、下記のような症状が発現する事によって、生活の質(QOL)が低下する事があります。

ただし、下肢静脈瘤が重症化した場合は『うっ血性皮膚炎』や『潰瘍』になってしまい手術が必要になる場合もありますので、他の病気と同じく侮ることなく適切な診断と処置を行う事が大切です。

 

下肢静脈瘤の主な症状】

下肢静脈瘤の代表的な症状は次の通りです。

・足の血管がボコボコに浮き上がり、コブのようになる。

・足のむくみ、倦怠感がある。

・足がつりやすい。

・足の皮膚が硬くなったり、色素沈着が起こる。

・足に潰瘍ができる。

これらの症状や進行度合いには個人差がありますが、下肢静脈瘤が自然に治る事はありません。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314131029j:plain

 

下肢静脈瘤の治療】

鎌ケ谷総合病院での下肢静脈瘤の治療は、ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術を主に、ストリッピング手術、硬化療法などの治療方法から、患者さまの状態に合ったものを選択します。

ここでは、20分程度の処置で済むラジオ波(高周波)による血管内焼灼術(けっかんないしょうしゃくじゅつ)を紹介します。

 

ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術(けっかんないしょうしゃくじゅつ)

ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術では、高周波を発生させる細い管を膝の内側から静脈瘤まで挿入し、高周波の熱を発生させる事で血管壁を収縮させて静脈瘤を治療します。治療に伴う切開などは無く、治療に要する時間も20分程度で済みます。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314132427j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170314132501j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170314132756j:plain

治療中の向後外科部長。術者はエコーで血管内の様子を確認しながら治療を行います。

 

【ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術のメリット】

・痛みが少ない
・傷口が小さい
・日帰りで治療できる
・副作用が少ない
・処置時間が短い

鎌ケ谷総合病院の場合は基本的に日帰りでの治療となるため、治療に伴う時間的負担を抑えることができます。

 

【ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術を行った場合の費用】

・70歳以上で1割負担の場合

合計14,000円前後(診察費+エコー+採血等含む/このうち治療にかかる費用は概ね12,000円前後)

・3割負担の場合

 合計50,500円前後(診察費+エコー+採血等含む/このうち治療にかかる費用は概ね45,000円前後)

※患者様の病状により治療内容や検査費用が変動する場合もございます。

 

下肢静脈瘤の外来日

毎週水曜日(祝日除く/8:00~11:30受付)

初めて当院を受診される方、他院からの紹介状をお持ちの方は1階ロビーの『総合受付窓口』でお手続き下さい。

既に診察券をお持ちの方で、他院からの紹介状が無い方は1階に設置されている『再来機』に診察券を挿入し、『外科』→『診察』→『医師選択』→『向後医師』の順番にボタンを押してお手続き下さい。 

 

静脈瘤が気になる方、前述のような症状が出ている方は、たかが静脈瘤・・・気になるけど受診が面倒・・・と、見て見ぬふりをせずに、健康的な生活を送るためにも、一度は最寄りの医療機関を受診してご自身の下肢静脈瘤がどのような状態なのかを把握する事をお勧めします。

 

www.kamagaya-hp.jp 

 

鎌ケ谷総合病院 外科

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする

3月の公開医療講座は動脈硬化と食事、花粉症の話題をお届けします!

はい!平成29年3月も半ばになったところで3月の公開医療講座のご案内です・・・

今更か!なんて言わずにお付き合い下さい(;´Д`)

 

動脈硬化疾患への治療戦略!

来週の3月22日(水)14:30からは、当院の心臓血管センター循環器科で部長を務める唐原先生が講師となり、動脈硬化のメカニズムとそこから派生する可能性のある疾患についてを解説します。

唐原先生の講座は、テーマの病気の話しがものすご~く分かり易いだけでなく『医療講座の意味と目的は何なのか』という根本的な話題から、自身が専門とする心臓カテーテル治療の世界史などの医療マメ知識までを楽しく学べるのでお勧めです!是非ご参加下さい。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314094646j:plain

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

健康ごはんのルール

知って得する花粉症のお話

続いて3月25日(土)14:00からは毎回大好評の『イマドキ!糖尿病教室』からのスピンオフ講座として「検査値でわかる!健康ごはんのルール」「知って得する!?花粉症のお話し」を開催します。

いつもはここに理学療法士が加わって3部構成の少し長めの講座になるのですが、今回は2部構成で所要時間は約1時間。ちょうど良い長さかもしれませんね。 

f:id:kamagayageneralhospital:20170314094654j:plain

 第一部は鎌ケ谷総合病院の入院食と、職員食堂の栄養管理を一手に引き受ける「栄養科」で活躍する斎藤管理栄養士が講師となり、食事の栄養管理は気を付けているのに、中々成果が出ない方の手引きとなる講座を開催!家庭で出来る栄養管理の基本から実践までを皆さんと供に学びます。

第二部は鎌ケ谷総合病院の薬剤師で、日本糖尿病療養指導士としても活動する本野薬剤師が、この時期から気になりはじめる「花粉症」についてを解説します。日本人のうち推定3,000万人、実に国民の1/4が苦しんでいると言われる花粉症。現在進行形で花粉症と闘っている方も、自分は大丈夫と高を括るあなたも・・・是非ご参加下さい!

 

お車でご参加の方へ

院内で開催される「公開医療講座」や「各種イベント」にお車でご参加される方は、当院敷地内駐車場をお使い下さい。通常は1時間以上は有料となりますが、講座やイベントにご参加頂いた方には会場で無料駐車券をお渡ししております。

 

www.kamagaya-hp.jp

 

鎌ケ谷総合病院 広報
住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする