鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

歩行時に痛みや痺れを感じたら・・・腰部脊柱管狭窄症

 

腰部脊柱管狭窄症と間欠性跛行(かんけつせいはこう)

加齢や、過度な負荷が原因で、脊椎(背骨)の腰の部分である『腰椎』に次のような変化が現れることがあります。

・椎間関節の肥厚

・黄色靭帯の肥厚

・椎間板の亀裂や膨隆、突出

 

f:id:kamagayageneralhospital:20161221155000j:plain 

これらの症状が進行すると、脊椎の中を通る神経のトンネル『脊柱管』と、神経に併走する血管が圧迫されて「腰痛」「足の痛み・しびれ」といった症状が現れます。その様な状態のことを『腰部脊柱管狭窄症』といいます。

 

症状は?

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状としては『下肢の痛み・しびれ』が挙げられます。
特徴的なのは、安静時は特に症状がなくても、ある程度の時間歩き続けると足に痛みやしびれが現れ、少し休むと治る『間欠性跛行』という症状です。

この症状が進行すると、歩ける距離が徐々に短くなり、立っているだけでも強い痛みを感じる、排尿障害(尿が出にくい、または尿漏れ)が出る場合もあります。

f:id:kamagayageneralhospital:20161221155319j:plain

圧迫される部位による差

1.神経根が圧迫される場合

下の図にある左右どちらかの『神経根』が圧迫されると、圧迫された方の腰から足にかけて痺れや痛みといった症状が現れます。

2.馬尾(ばび)が圧迫される場合

馬尾という神経の束が圧迫される場合は、神経根が圧迫された場合よりも症状が重く「下肢のしびれ」「麻痺」「脱力」「頻尿または尿が出にくい」といった症状が現れます。

いずれも前傾姿勢では症状が軽くなり、背骨を後ろに反らすと脊柱管が圧迫されて痛みが出現するといった特徴的な現象が見られる場合もあります。

f:id:kamagayageneralhospital:20161221155507j:plain

 

診断と治療

腰部脊柱管狭窄症は、主にレントゲンや腰椎MRI検査で診断を行います。その結果、重度と診断された場合と軽症と診断されたばあいでは治療方法が異なります。

【軽度と診断された場合】

検査の結果、軽度と診断された場合は次のような保存的治療を行います。

薬物療法
内服薬や湿布薬を使用

理学療法
リハビリテーションなどの運動療法や、コルセットを使用した装具療法で生活の改善を行う

<神経ブロック>
圧迫されている神経の周囲に局所麻酔とステロイド剤を注射する

 

【重症と診断された場合】

基本的には上記の保存的治療を行いますが、重症と診断された場合は患者さまと相談のうえで手術治療を行います。

<椎弓切除術>
腰椎の背中側にある「椎弓」という骨を部分的に切除することで神経の圧迫を取り除く手術です。

<脊椎固定術>
椎弓切除術を行った後に、脊椎が不安定になる場合は、切除した部位に骨盤から採取した骨を骨癒合(こつゆごう)させたり、金属製のスクリューや棒で不安定になった脊椎を固定します。

 

【まずは診察を受けましょう】

『下肢の痛み・しびれ』や『間欠性跛行』などの症状が出ている場合は、「そんなものだろう」と放置することなく一度は何れかの医療機関を受診する事をお勧めします。

 

↓当院の外来日はこちらでご確認下さい

週間 外来担当表|千葉県鎌ヶ谷市総合病院|鎌ケ谷総合病院

 

鎌ケ谷総合病院 脳神経外科 脊椎脊髄治療部門

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする