鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

食事でむせる・・・飲み込みにくい・・・毎日の嚥下(えんげ)体操で予防&改善を!

普段何気なく行っている『飲み込む』動作は、顔の周囲の筋肉などの器官が非常に複雑に関わりあってはじめて機能しています。

加齢や病気などでお口を使う機会が減ってくると、それらの器官が弱まってしまって上手く呑み込む事ができなくなったり、むせてしまったりし易くなる事があります。

すでにそうなってしまった方は勿論、今後の予防を意識している方にもおすすめしたいのが『嚥下体操』です。嚥下体操は口・舌・頬・声帯・首・肩・などの動きをよくして、飲み込み(嚥下)をしやすくしますので、食事前の数分間、毎日行って口腔周囲機能向上や維持に役立てましょう!

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171006j:plain

1.口から息を吐き、できるだけ全部息を吐きだします。お腹がへこむようにします。

2.口を閉じ、ゆっくり鼻から息を吸い込みます。この時、お腹が膨らむようにします。

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171051j:plain

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171101j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171137j:plain

1.左右に首を回わし、後ろを見るように左右に動かします。頸椎に問題のある方は行わないようにしてください。

2.正面を向いて、肩に近づくように首を左右に傾けます。

3.首を下を向き上を向きと動かします。

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171208j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171235j:plain

1.両肩を上げては、力を抜き下ろします。

2.両肩を軽くゆっくりまわします。

3.両手を上げたり下ろしたり、広げたり、閉じたりの運動。

4.手を組んで左右に動かし、わき腹を伸ばす運動。

5.腕を前に伸ばしたり、横に広げたりします。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171316j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171323j:plain

1.舌を出したり、ひっこめたりを繰り返します。

2.舌を左右に動かしたり、くるりと舌をまわしたりします。

3.舌を上顎にあて舌打ちをします。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171341g:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171400j:plain

ウの発音で唇を前に出し、イの発音で唇を横に引きます。(20回) 

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171450j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171458j:plain

「ぱ・ぱ・ぱ」「た・た・た」「か・か・か」を繰り返して発音します。早く、ゆっくりと変化をつけながら発音します。早口言葉などで練習をすることもお勧めします。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171546j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171616j:plain

加齢により唾液の分泌が低下したり、糖尿病があったり内服薬などの影響で口が渇きやすくなります。唾液腺をマッサージして唾液の分泌を促します。

  1. 人指し指から小指までの4本の指を頬にあて、上の奥歯のあたりを後から前に向って回します。
    (10回)
  2. 親指を顎の骨の内側の柔らかい部分にあて耳の下から顎の下までを順番に押していきます。
    (5回)
  3. 両手の親指をそろえ、顎の真下から手を突き上げるようにゆっくり押し上げます。
    (10回)
  4. 顔のマッサージ

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171646j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171706j:plain

咳をすることによって、喉の奥に入った物を吐き出し、誤嚥を防ぐ練習になります。

 

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171733j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170123171742j:plain

1.口から息を吐き、できるだけ全部息を吐きだします。

2.お腹がへこむようにします。

3.口を閉じ、ゆっくり鼻から息を吸い込みます。

 

・・・以上です!

ズラッと見ると行程が多く見えますが、実際に嚥下体操をしてみるとあっという間に終わってしまう簡単な体操です。是非実践してみてくださいね!

 

 

 

 

鎌ケ谷総合病院 広報/歯科口腔外科

www.kamagaya-hp.jp

 

 

鎌ケ谷総合病院 歯科口腔外科・口腔ケアセンター

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする