鎌ケ谷総合病院 公式ブログ 病院ニュースや医療情報をお届け!

鎌ケ谷総合病院(千葉県鎌ケ谷市)の公式ブログです。イベント情報から医療マメ知識まで色々発信中です

向後外科部長がラジオ波(高周波)による下肢静脈瘤治療を開始

鎌ケ谷総合病院の向後(こうご)外科部長が、ラジオ波(高周波)による下肢静脈瘤治療を開始しました。鎌ケ谷総合病院では、これまで心臓血管外科が下肢静脈瘤治療の主な担当となっておりましたが、今後は外科と心臓血管外科が協力して下肢静脈瘤の治療を行います。

 

下肢静脈瘤でお悩みの方へ~向後外科部長ご挨拶~

f:id:kamagayageneralhospital:20170314123125j:plain

平成5年から今日まで、約20年以上に渡り下肢静脈瘤の治療に携わって参りました。特に平成26年6月に健康保険が適用されたラジオ波(高周波)による血管内焼灼術には力を入れており、ラジオ波(高周波)での症例数は800例を超えました。鎌ケ谷総合病院着任後はラジオ波(高周波)による血管内焼灼術を主に、患者様の状態に最適な静脈瘤治療を提供しておりますので、下肢静脈瘤でお困りの際はお気軽に当外来までお越し下さい。

鎌ケ谷総合病院 外科部長 向後 正幸

日本外科学会専門医/下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医 

 

【外来日】

毎週水曜日(2017年3月現在/祝日除く)

8:00~11:30受付の向後部長の外来をご受診下さい

初めて当院を受診される方、他院からの紹介状をお持ちの方は1階ロビーの『総合受付窓口』でお手続き下さい。

既に診察券をお持ちの方で、他院からの紹介状が無い方は1階に設置されている『再来機』に診察券を挿入し、『外科』→『診察』→『医師選択』→『向後医師』の順番にボタンを押してお手続き下さい。

 

 

下肢静脈瘤の主な症状】

下肢静脈瘤の代表的な症状は次の通りです。

・足の血管がボコボコに浮き上がり、コブのようになる。

・足のむくみ、倦怠感がある。

・足がつりやすい。

・足の皮膚が硬くなったり、色素沈着が起こる。

・足に潰瘍ができる。

これらの症状や進行度合いには個人差がありますが、下肢静脈瘤が自然に治る事はありません。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314131029j:plain

 

切らずに治す!ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術

当院での下肢静脈瘤治療は『ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術』を主に、トラブルを起こした血管自体を抜き去る『ストリッピング手術』や『硬化療法』などの治療方法から、患者さまの状態に合ったものを選択します。

中でもラジオ波(高周波)による血管内焼灼術は治療に伴う切開が無く、治療自体は20分程度で済み、日帰りでの治療が可能である事から、生活リズムを大きく崩す事なく治療を行う事が可能です。

f:id:kamagayageneralhospital:20170314132427j:plain

f:id:kamagayageneralhospital:20170314132501j:plain

 

【ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術のメリット】

・痛みが少ない
・日帰りで治療できる
・副作用が少ない
・処置時間が短い

鎌ケ谷総合病院の場合は基本的に日帰りでの治療となるため、治療に伴う時間的負担を抑えることができます。

 

 静脈瘤が気になる方、前述のような症状が出ている方は、たかが静脈瘤・・・気になるけど受診が面倒・・・と、見て見ぬふりをせずに、健康的な生活を送るためにも、一度は最寄りの医療機関を受診してご自身の下肢静脈瘤がどのような状態なのかを把握する事をお勧めします。

 

 ↓こちらで短時間で済むラジオ波による下肢静脈瘤治療を解説しています。

kamagayageneralhospital.hatenablog.com

www.kamagaya-hp.jp

 

 

鎌ケ谷総合病院 外科

住所:千葉県鎌ケ谷市初富929-6

電話:047-498-8111(病院代表)

広告を非表示にする